<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

  • 02.27 (Friday)
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


一定期間更新がないため広告を表示しています




結論から言うと、私は貴方の幸福を願っている。
相手が私でなくても構わない。それはこれまでも、多分これからも、ずっと変わらない。

私が関われば関わるほど貴方を不幸にする気がして、いつも声をかけるのが躊躇われた。
そんな私でも、貴方を幸せに出来るんじゃないかって錯覚したこともあった。
でもやっぱり私には、特に今の、自分ですら思うように動かせない私には、貴方を不愉快にさせることはできても、幸福にすることはできないんだと思う。

貴方の一番好きなやり方で日々を、月日を送ってほしい。

束の間の夢を見せてくれてありがとう。
これは本当は、私の仕事だったのにね。


---------------------


わたしのメッセージはブラックホールへと飲み込まれた。
どうしたらあんな風に、全てを知っていて笑えるのだろうか。


スポンサーサイト

  • 02.27 (Friday)
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -



| /PAGES |